本文の開始

宗教法人の禅譲と葬儀会社のM&A・売買・仲介

宗教法人の禅譲と葬儀会社のM&A・売買・仲介は蘇生會(蘇生会)へお任せ下さい。

宗教法人の禅譲と葬儀会社のM&A・売買・仲介

敢えて、その理由あり。すっきりしない思弁的文脈多大です。こうした説明の仕方に努めるということは、宗教法人禅譲業務のあらゆる側面を考慮した上での理由です。下記に宗教法人禅譲に伴う提要のすべては明示してございます。ご熟読ください。(詳細はPDF参照

宗教法人禅譲について

宗教法人禅譲の目的

私たちの大切な精神文化である日本伝統宗教は、形骸稀薄化の一方を辿る今、その因ってきたる素因となる社会現象の無責任体制を批判し、国体の基である神勅への共鳴(国体の秩序)や仏教思想哲学の知性を基にした、人生を生き抜く智慧への回帰等々、伝統的知恵・行動様式の総体である日本伝統宗教の復古蘇生を目指し、宗教法人の承継とその支援業務活動を目的に活動いたします。

宗教法人禅譲について

宗教法人禅譲・M&A・売買の分別

當會は、禅譲を以て業務の本義とします。宗教法人M&Aや宗教法人売買のみを目的にした業務ではありません。その理由は、前述(1宗教法人禅譲の目的 資料集1當會の目的)に抵触することは當會の目的ではありません。それらの分別は、非常に難しい紙一重的立ち位置です。宗教の持つ範疇は、精神世界の繊細な構造に由来し、時間と空間の軸を超越し、国家の秩序にまで及びます。これ等を備え持つ宗教の本義を軽視または無視することは本會の趣旨ではないのです。

宗教法人禅譲・M&A・売買の分別について

宗教法人の禅譲を享ける方々へ・行動様式の普遍的中心

「人間は一定の社会環境の中での経験や習慣を通して一定の行動様式(社会を貫く精神的態度=ethics)を体得する。~中略~ そうして統合された行動様式の普遍的な中心には、我々の先達が数千年の時間をかけて形成してきた伝統がある。不確実で動態的な社会の中で政治(事業経営)を行うには、宗教あるいは聖なるものが必ず必要である。(中野剛志博士著 日本思想史新論より引用)」 世界トップの自動車販売台数を誇る自動車産業会社も宗教法人を運用していることが実証するように、御社貴殿も宗教法人の運用を志されまして、更に堅実なご発展を営まれますことを期待いたします。

禅譲を享ける方々へ

葬儀会社のM&Aについて

葬儀業界M&A・関連事業M&A

その規模、内容によって異なりますが、例えば、葬儀者所有の葬儀会館のみの売却であれば、當會から提携不動産業者に仲介業務委託をします。また、事業・株式・資産の譲渡または事業分離であれば、提携M&A業者に業務委託をし、従来のアドバイザリー契約→秘密保持契約→最終合意書へと一連のM&A諸契約締結とクロージングへと進みます。(規模・内容によって提携先を省くことがあります。)何れも當會が情報収集源のフロント業務となります。

葬儀業界M&A・関連事業M&A について

蘇生會について

お問い合わせ

宗教法人の禅譲と葬儀会社のM&A・売買・仲介は蘇生會(蘇生会)へお任せ下さい。

お問い合わせについて

詳しくはPDFもご確認ください

ページの終了